リンク

最近の記事

プロフィール

shou

Author:shou
神奈川県秦野市の有限会社ハウスプロジェクトに勤める大工見習いshouです(^^)よく「大工見習いには見えない。営業みたい。」と言われます(T_T)肌が白いのが原因でしょうか(××)
とにかく見習いですが職人です(^^)

昭和57年生まれ
19才から大工見習い♪
趣味:旅行、スノボー、読書、日曜大工(^^;)

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜♪

 帰ってきました。今日はこれから花見に行ってきます(^^)神奈川県小田原市の印刷局って

地元じゃ有名なとこがあるんですけど、そこにちょいとを見に行きます♪写真を撮れた

ら、明日アップしますね~(^^)やっぱりこの時期は花見でしょ(>_<)☆

 もし、花見情報があれば教えて下~い☆
スポンサーサイト

左官工事

前の現場

 前回、工事をしていたとこが外壁の下塗りをしていたのでその写真を載せます。塗り物の外壁の場合、下地→ラス(防水用の黒い紙)→アミ(壁の付きを良くするための凸凹金網)→下塗り→中塗り→上塗り→仕上げ(塗装)となります。

 作業工程だけ見るとあまり期間がかからなそうなんですが、養生期間(乾かす期間)があるため写真のように塗る箇所があまりなくても2週間くらいはかかります。養生期間が少ないと弱い壁になるのであまり短縮はできません。

 左官という仕事も自分は興味があります(^^)最近はあまり見かけなくなっちゃいましたけどあの風合いは既製品では出せませんよね(^^)

 大工同様、若い職人が減っている職種なんで若い左官屋に会うとなんだか親近感が湧きます(^^)やる気も出たりして!(単純なんです(^^;))さあ、明日も大工見習いがんばるぞ!!

光触媒技術「ハイドロテクト」

 え~今日はハイドロテクトの反響がすごかったので、自

分が講習を受けたときのジャパンハイドロテクトコーティ

ングス株式会社
(TOTO・オキツモ)の光触媒技術「ハイ

ドロテクト」のことを書きたいと思います。

 まず、光触媒とは「光合成」に似ているらしいです。

光触媒に光が当たると、「分解力」と「親水性」がうま

れるそうです。その効果で汚れが付きにくく、落ちやす

いそうです。


20070330090127.jpg
講習の冊子から抜粋

 汚れないのではなく、汚れても落ちやすい塗料のようで

す。

20070330090108.jpg
20070330090156.jpg
講習の冊子から抜粋

 一番「すごい!!」と思ったのは製造~廃棄されるまで、

総合的に見ると環境を良くするらしいです!!環境に良く

健康にもいい塗料らしいんです(^^)


20070330090144.jpg
講習の冊子から抜粋

 光や雨が当たらない場所でも効果はあるようです。

20070330090209.jpg

20070330090222.jpg
講習の冊子から抜粋

 上記の内容だけ聞くと万能塗料のようですが、やはりど

んな汚れでも大丈夫というわけではないようです。許容量

を超えた汚れは落ちないようです。

20070330090234.jpg
講習の冊子から抜粋

 以上が大まかですが自分の講習での知識です(ほとんど

冊子からやんけ!って言わないで(^^;))

 感想としては、優れた塗料だなと思いました。まず環境

にいいことです(^^)これは自分たちの健康にもつながるこ

とだと思います。

 汚れ落ちに関しても、汚れ落ちの実験を見さしてもらった

のですが、汚れ落ちの度合いは自分の知っている塗料と

比べると格段の差でした(^^)

 それと講習を受けた店でないと売らないというのも徹底

していてすばらしいことだと思います。塗装屋にも技術、

知識にばらつきがあるから施工に関しても講習を受けるこ

とにより向上すると思います。(そういう実際の施工に関

しての講習もしてました(^^))


注)ここまで光触媒技術、ハイドロテクト塗料等に関して書きましたが、もしこれを見て内容の間違いや、

商標にふれるような記述、間違いがあるようでしたらコメントにてご指摘くださいm(__)mその場合はなる

べく早く訂正、消去をします。宜しくお願いしますm(__)m

ハイドロテクト??

 今日は親方に言われてハイドロテクトっていう塗料の講習会にジャパンハイドロテクトコーティングスって会社に行ってきました(^^)え~感想から言うと眠かったです(^^;)

 なんで大工のオレがそんな講習会に行ったかというと、親方は木材を外に施工したときに効果的な塗料を探していて、そのことを塗装屋にずっと相談してたんですよ。そしたら塗装屋がよさそうな塗料ってことでハイドロテクトって塗料を探してきたんですね。その塗料は講習を受けないと使えない(売ってくれないらしい)塗料らしいんで、行
かされました(××)抗議したんですけど「オレはそういうの苦手だからお前行け」の一言で行かされました(^^;)

 講習は前半、ハイドロテクトがどういう塗料かって説明でした。うお~すげ~塗料だな!と思いました。んで、質問の時間がきたので「木材に塗装するとどうなんですか?」って聞いたんです!したら!「木材には塗れません」って回答が・・・・・・オレは何しにきたの????

 その後は、お客さんへの説明の仕方とか、アピールポイントとか眠くなる話が続き・・・・・zzzzzzz(^^;)

 仕事したかったな・・・(××)

 えっと、一応その会社のリンクを貼ります。興味があれば見てみて下さい。ハイドロ~←ここをクリックして下さい。

カッコいいノミ

ノミ

 しばらく現場の写真をサボってます(^^;)すみません(××)

なにせ最近は手伝いと小さな工事が多くてウッカリ忘れちゃうんです(^^;)

 んで、今日のネタはノミで☆やっぱり道具屋が持ってきたんですけど裏の模様が珍しいから載せました(^^)7分のタタキのみをちょうど欲しかったんですが、高くてやめました(^^;)一本3万以上しました(××)自分は1万5千~2万くらいが限界なんです(@_@)それに値段が高いからって切れるとは限りませんから!(本当ですよ(^^;))

 話が反れましたが、ノミの裏にまで細工がしてあるのは珍しいんです。造り手のコダワリが伝わってきますね☆カッコいいですよね(^^)あ~本当は欲し~い♪
ノミの裏

砥石の見本

砥石の見本

 今日は道具屋が会社に来たときに砥石の見本を置いてい

ったんで紹介しようと写真を撮っときました(^^)砥石の見本て珍しいんですよ!大抵、道具屋に行くと予算を聞かれてそれに見合った砥石を出されて選ぶんです。だから切れる、切れないは気にするんですけど種類や模様なんて気にしないんです。道具屋もわざわざ見本を作ることがないんですよね。この見本を見たときは感心しました(^^)なかなか商売上手め♪なんて思いました(^^)ちなみに自分は半分以上、知らない種類でした(^^;)

 一般の方は砥石自体、縁遠いとは思いますが、自分たちにとっては欠かせないものです。写真が見にくく、分かりにくいんですが、大工という職業がコダワル、道具というものを少し知ってもらえましたか?(まだ見習いですけど(××))

疲れた~(××)

 今日は手伝いに行ってました(^^)

 が!!手伝いに行った先が前回の現場の真向かいだったために仕事しながら打ち合わせ、あっち行ってこっち行って昼も仕事してました(××)18時に手伝いの現場を上がって、真向かいの前の現場のドアの鍵を変更して、帰りに別のお客さんとこよって鍵を預かって帰ってきました(××)鍵は漏水(水漏れ)ヶ所を調べてもらう日にお客さんが都合が悪いらしいから取りに行かされました(××)

 普段、あまり遅くまで仕事をしない大工見習いにとってはきつかったです(××)最後によったお客さんのところは、おもいきり体動かした後なんで眠気がおそってきました(^^;)

 改めて、日々残業、夜遅くまで仕事をしている方々を偉大だな~なんて思いました(^^;)

補強

補強前

 今日のメインの工事はこっちでした(^^)ホオヅエ(左下から右上に向かって斜めに付いてる木)が、きちんと躯体を支えていない、かつ通行の邪魔になるので下に梁を入れ、持ち出して柱を建てます(^^)

 仕事を始めて、トタン(外壁)を剥がしたら梁をのせようと思っていた柱がない!!驚きました(××)二階部を一回よりも出す場合は普通、真下に柱があります。なんでだ~っと思っていたら、なんでかわかりました。どうやら二階の張り出し部分は増築箇所のようで、後から工事のために柱がなかったようです(^^;)

 まぁそんなこと考えてても始まらないのでトタン(外壁)を予定より大きく剥がし、柱(105×105)はさすがに後から入れられないので105×45の材料を持ってきて柱の代わりに梁下に入れました。

  下が大工工事が完成した写真です(^^)トタン(外壁)がまだ剥がしたままですが、これは板金屋さんが後で直しにきてくれます(^^)

補強後

大工工事完成

大工仕事終了

 先週の金曜日にT邸接続部の大工工事は終わっていたのですが、写真を撮り忘れてました(^^;)今日、補強工事で行ったのでついでに撮ってきました(^^)

 あと内装工事はクロス工事、建具工事、電気工事で終わりです。外部はサイディング工事、左官工事、塗装工事、樋吊りで終わりです(^^)全ての工事が終わった写真はまた撮りに行く機会があったら撮ります(^^;)

 前の写真の反対側です(^^)

大工仕事終了

オレの道具

my鉋と鑿

 その名も「男盛」!!写真の真ん中にあるオレの鉋です(^^)

 なんで現場の写真じゃなくて道具の写真なのかという

と、現場の写真てツマラナイからです(^^;)同じような写真だとコメントも「今日は~をやりました」で見てる人もツマラナイですよね(^^;)

 そう思い!!今日は一部の道具紹介です(^^)左から鑿(広げて撮ればよかった(××))、鉋(男盛)、鉋(名前は分かりません)が、普段使っている鑿と鉋です(^^)鉋はもう一つ、トッテオキがあるんですけど普段はこれです(^^)刃が硬く、節や硬い木に強いから使いやすいです(^^)でも、まだまだ使いこなせていません(××)いつか道具が自分の手のように使える日がくるように頑張ります!!

今日の進み状況

2007_03140052.jpg

 現場から帰ってきました(^^)今日は忘れずに状況写真を撮ってきましたよ☆

 写真見て「変わりすぎだろ!」って思いますよね(^^;)すいません。これじゃあ工事の進行なんて分からないですね(××)

 しかも一般の方があまり見たことの無い躯体や、下地の写真をとばしてしまってますね(××)それだけ夢中でやってたってことで許して下さ~い(^^;)

テーマ : 仕事の現場 - ジャンル : ビジネス

手すり

2007_03020001.jpg

 更新が遅れました(^^;)現場は、屋根、軒天井、床、まで仕上がっているんですが写真を撮るのを忘れてます。すいません(××)次は必ず撮ってきます。

 今日はと言うと、先に行く現場が遅くなのでゆっくりしてます。んで、上の写真はというと前回の新築現場の階段手摺がかっこ良かったので撮りました(^^)鍛冶屋に造らせたんですが、曲がり具合といい、手造りの感じがいいアジを出してますよね(^^)写真じゃ分かりにくいか(^^;)好みは人にもよりますが、オレは好きです(^^)v

建前???

2007_03070049.jpg

 昨日、仕事が終わってから撮った写真です。親方と二人でやったんですが思ったより進みませんでした(×_×)
 一日でタルキをころがす途中までです。

土台すえ 柱 梁

土台、柱


 昨日、きざんだ材料を組みました(^^)写真は10時の休憩に撮った写真です。とくに間違いもなく進みました(^^)これだけなら当たり前ですね(^^;)

 今回の工事は、昨年から今年にかけて建てた新築と、既存の家を繋ぐ渡り廊下を作ります。

 まず土台を組み(白蟻の薬を裏に塗ります)、柱を建て、RC造の方にはコンクリートビスで梁がのるぶつけ物をします。その後で、梁、桁を組みタルキを並べていきます。今回は制限が多く屋根には苦労してます(×_×)

カマ継ぎ 手 キザミ

キザミ


 これはカマと言う継ぎ手です。一般的なツギテだと思います。

 継ぎ手ですが、キザム(加工)際はただピッタリきざめ(加工)ばいいわけじゃありません。きかす場所はきつめにきかせてそうでないところは緩めにします。またきかす場所も組むときに硬すぎないよう入り口を少し斜めにします。

 ↑の文、分かりにくいですね(^^;)まぁ実際に組むときのことを考えながらきざむ(加工)ってことです(^^)!

墨付け2

墨つけ2

 更新が遅れてすみません(^^;)まだシステムに慣れずに四苦八苦してます(××)文章も読みづらく見にくいですね(××)これから少しずつ慣れていこうと思います(^^;)

 前回の墨付けと同じ日なんですが墨付けが終わったので載せます。墨付けとキザミで一日と二時間くらいかかりました。普通なら一日くらいだと思います(××)

墨付 キザミ

墨つけ

 これは墨付けという骨組みを加工するための印を書く作業です。なかなか親方のように早く正確にとはいきません(××)
 今回は少しの墨付けでいいのでスムーズでしたが、まだまだスピードは遅いです(××)

テーマ : 仕事の現場 - ジャンル : ビジネス

よろしくお願いします(^^)

 ハウスプロジェクトに勤める大工です(^^)ここでは大工仕事や、建築の豆知識など、日々の仕事風景と合わせて紹介したいと思っています。どうぞよろしくお願いします(^^)

テーマ : 仕事の現場 - ジャンル : ビジネス

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。