リンク

最近の記事

プロフィール

shou

Author:shou
神奈川県秦野市の有限会社ハウスプロジェクトに勤める大工見習いshouです(^^)よく「大工見習いには見えない。営業みたい。」と言われます(T_T)肌が白いのが原因でしょうか(××)
とにかく見習いですが職人です(^^)

昭和57年生まれ
19才から大工見習い♪
趣味:旅行、スノボー、読書、日曜大工(^^;)

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩饅頭

 初めて食べ物を取り上げます。食べ物なんて人によって好みが違うんだから載せてもしょうがね~な~なんて思っていたんです。ところが、1ヶ月前に河津桜を見に行ったときに買った饅頭があまりにも美味しく、皆に知ってもらいたい!!と思いました。でも伊豆まで行かなきゃ買えないんじゃしょうがないか~・・・インターネットで売ってねえかな?検索・・・・・売ってんじゃん!!

 なわけで載せました。自分は饅頭とか和菓子が大好きで、それなりに種類は食べているんですが、今まで食べた饅頭に比べ、食べやすさ、甘さ加減が絶妙で、4個くらいはいっきに食べれます。ただ和菓子の饅頭って感じからは少し外れてるんで、そのへんは許せない人はやめといた方がいいです。

 下のURLで買えるサイトに行けるんで、興味がある人は試して見てください。おいしくねぇなって思ったら、こいつの舌は壊れてると思ってください。
 http://shizenseikatsu.com/?pid=4540794
20.3/25
スポンサーサイト

棚製作

 製作棚で~す。
 下の棚はシナランバで製作しています。図面通り製作しました。正面のベニアの小口は薄く削った木をつけてます。小口テープだと剥がれやすいのでこうしました。
20.3/22


 下の写真は倉庫の棚の根太掛けです。四角く彫ってある箇所に根太が入ります。
20.3/22-2


 下の写真は前框です。根太掛けと同じように四角く彫ってある箇所に根太が入ります。根太彫りより上のシャクリは合板の小口を隠すためのシャクリ(彫り)です。
20.3/22-3

 下の写真は柱で、前框、根太掛けが入るように彫ってあります。裏側は根太彫りをしてあります。
20.3/22-4

ベンチとこないだのキザミの経過

 下の写真がキザミの経過です。建て方は終わり、玄関のサッシまで取り付けました。玄関サッシはTOSTEM を使っています。
20.3/18

 下の写真は公園のサークルベンチです。PM10時に終わりました(^^;)鉄骨で骨を製作してもらい、そこにデッキ材を貼りました。
 鉄骨は塗装でなくどぶ漬けのメッキです。塗装よりもはるかに強く、サビ、剥がれがありません。デッキ材はイペを使用しました。高耐久の材料で、錆びにくく、雨、風に強いのが特徴です。取り付けは裏からステンレスのビス止めで、雨が直接当たらないようにしました。写真はベンチの裏側です。
20.3/18-2

玄関 増築の手キザミ

 玄関を移動、増築するお宅のキザミです。
 下の写真の手前がタルキ掛けで、彫ってあるとこに屋根の骨組みであるタルキがきます。一つ奥が桁です。これも斜めに彫ってある場所にタルキがきます。奥が柱と小梁です。
20.3/13

 手前の継ぎ手がアリ継です。奥の柱のミゾがチャウスってホゾです。このホゾは柱が土台に入るのでなく、土台にホゾがあり、柱を入れるって変わったホゾです。
20.3/13-2

セランガンバツ ベンチ デッキ

 ベンチを2個補修しました。材料が一般的でないので説明も入れて載せます。
 改修前のベンチは足が鉄骨の床板が木にプラスチックが巻いてありました。ボルト締めで止まっていましたが、ボルトが錆び、ボロボロの状態でした。
 錆びないようにとのご要望だったので、高耐久のセランガンバツ材(ウッドデッキなどにしようされる)最近では一般住宅にも使用されるようになってきましたが、まだまだ普及はしていません。理由は、レッドシダーというデッキ材に比べ材料の値段がかなり高いからです。しかし、高いだけのことはあり、屋外での耐久力はかなりのものです。
 材の特徴として、硬く、重いです。4000×105×105を割り、加工し、仕上げ、丸面をとったのですが、硬く、重い分すこしだけ大変でした。刃切れはそこまで悪くなくかったです。

20.3/7
20.3/7-2

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。