リンク

最近の記事

プロフィール

shou

Author:shou
神奈川県秦野市の有限会社ハウスプロジェクトに勤める大工見習いshouです(^^)よく「大工見習いには見えない。営業みたい。」と言われます(T_T)肌が白いのが原因でしょうか(××)
とにかく見習いですが職人です(^^)

昭和57年生まれ
19才から大工見習い♪
趣味:旅行、スノボー、読書、日曜大工(^^;)

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

カテゴリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は手伝い

今日は建て前の手伝いに行きました。初めて手伝いに行く人のところです。なんかいろんな大工さんがいるんだなぁ~。気合いいれねぇと負けちまう。もっとがむしゃらになんなきゃな
スポンサーサイト

髪の毛切ってきました。

20090228002808
ずっと髪の毛切ってもらってる人に切ってもらいました。その人は中学の先輩で美容師です。最近店長になりました。毎回髪の毛を切りながらいろいろな話をします。今の悩みやこれからのことなんかも相談します。相談をするといろいろな考え方、感じ方を教えくれ、すごく考えさせられます。人として尊敬してます。自分とは大違いだなぁって思い反省します。いい先輩に出会えて本当に良かったなぁ

和菓子

20090223202240
先日、会社で仕事をしていたらよく会社の前を通るおばあさんが「屋根の一部が外れてるから釘を打たしてくれって業者が二回もきたのよ」って言うから家も近いようだし一緒に見に行った。なんでもなさそうなので「見るかぎりなんでもないです。」って伝えた。なんかくれようとするので、「自分は物を造ってお金をもらってるから、なんもしてないんだからなんもいらないです」と伝えた。後日その業者はあんましいい業者じゃなかったような話を聞いた。今日そのおばあさんがきて和菓子を置いていったそうで、ありがたくいただいた。嬉しい出来事だった☆

20090217183127
鑿です。大工さんの道具でだいたい一寸四分~一分くらいまでを使い、追入鑿、叩き鑿、突き鑿などの種類があります。写真は七分の追入鑿で、一番使われてる鑿です。この鑿というのは、研ぐのがなかなか難しく、それなりに切れるようには研げるのですが本当に平らに均一に研ぐことがいまだに出来ません。写真のように刃の側だけ光るのは刃先と後ろの角度が違うからです。
まだ追入の七分は砥ぎ易いけど、叩きや、突き鑿のように柄が長く、刃が細いと少し油断しただけで見るも無残になってしまいます。
腕を平行に左右均一の力でひたすら動かし続けるのは本当にすごいことです。
本当に研ぎというのは難しく奥が深いです。

亀の日光浴

20090215125935
平塚総合公園の日本庭園で亀が日光浴?をしてました。亀がみんな同じ方を向いて空を見上げてる姿がちょっと可笑しいっす

昔の板金屋の火おこし

20090211152845
現場でお客さんのお父さんが昔板金屋で古い道具が沢山ありました。その中の一つで社長によればこの中で火をおこしてハンダを溶かすもんらしいです。
 昔の職人さんたちは自分たちの使う道具を使い勝手によって造り替えたり、造ったりしてきました。この火おこしも手作りなのですが、やはり年々造ったことのある職人は減っているようです。自分たち大工の世界でも道具を場合によって加工しますが、自分もやったことがあるのは数えるほどで、必要が無くなっているというのが現状です。台直しや、ノミの柄の調整なんかはやりますが、大きく加工することはなかなかありません。
 大工や職人の世界にいる若い人達は自分の知る限りではみなまじめで、仕事に熱心で、難しい技術や、難しい手道具を覚えたいと大半の人は思っています。ですがやはり現場が少なく、きちんと現場で覚えれる人は少ないと思います。世の中がその技術を求めていないのだと思います。
 報道や、番組で「いい職人が減っている。昔の職人はああだった。こうだった。」と言っているのを見かけると、じゃあテメエの家を昔ながらの工法で建てて少しは若い人達に覚える機会を作れよなんて思います。誰のせいでもないんですけどね
 それにしても「若者が~ 若者が~」っと若い人が全てダメみたいな言い方が多い気がします。自分が知っている若い職人達はすごく努力をしています。だからそんな全てダメみたいに言わなくてもいいじゃんか
 俺はどうだか知らんけどね

 そういえば「玉杢」で拍手に一票入れてくれたのはもしや・・・?

そういえば

 そういえば 社長がブログ始めたんでのぞいて見てください
 ハッキリ言って面白いおれのブログなんかよりずっと面白いです
 ちくしょうめかなり悔しいぜ
  →社長の道草http://houseproject.jugem.jp/

玉杢

 最近現場の写真がなくてすみません自分で工事をしていると写真を撮るのはなかなか難しいんです(わすれてしまう)

 今回も現場の写真じゃないんですけど、前に行った材木市場で玉杢の無垢板を発見したので写真をとりました
 玉杢は欅や楠木の枝に近い外側の部分からたまに出る模様で、珍しく価格も高価なものです。
 下の写真だとまだ削っていなくて分りずらいと思いますが、丸い木目が玉杢です。
21.2/7

 上の写真は無垢材ですが、下の写真はツキ板といって表面が薄く削った本物の木で、中身は合板です。下の写真だと玉杢の模様が分りやすいと思います。ちなみに下の写真は床の間に使う床板です。
21.2/7-2

 最近ちょっと風邪気味です。こないだTシャツ一枚で腕まくりして仕事したのがまづかったかな

本物??

 今日午前中に材木の初市に行ってきましたそこでは材木以外にも道具、金物、キッチンなんかの水廻り、置物からおしんこまで様々なものが売っているんですが、そこで見つけたのが千代鶴是秀さんの槍鉋でした本物偽物あ~欲しい
 まぁそんな金あるわけないんですけどね
 次は槍鉋の練習したいな~
21.2/3
 チョウナのとこで拍手に一票入れてくれた方、ありがとうございます

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。