FC2ブログ

リンク

最近の記事

プロフィール

shou

Author:shou
神奈川県秦野市の有限会社ハウスプロジェクトに勤める大工見習いshouです(^^)よく「大工見習いには見えない。営業みたい。」と言われます(T_T)肌が白いのが原因でしょうか(××)
とにかく見習いですが職人です(^^)

昭和57年生まれ
19才から大工見習い♪
趣味:旅行、スノボー、読書、日曜大工(^^;)

FC2カウンター

最近のコメント

過去ログ

カテゴリー

昔の板金屋の火おこし

20090211152845
現場でお客さんのお父さんが昔板金屋で古い道具が沢山ありました。その中の一つで社長によればこの中で火をおこしてハンダを溶かすもんらしいです。
 昔の職人さんたちは自分たちの使う道具を使い勝手によって造り替えたり、造ったりしてきました。この火おこしも手作りなのですが、やはり年々造ったことのある職人は減っているようです。自分たち大工の世界でも道具を場合によって加工しますが、自分もやったことがあるのは数えるほどで、必要が無くなっているというのが現状です。台直しや、ノミの柄の調整なんかはやりますが、大きく加工することはなかなかありません。
 大工や職人の世界にいる若い人達は自分の知る限りではみなまじめで、仕事に熱心で、難しい技術や、難しい手道具を覚えたいと大半の人は思っています。ですがやはり現場が少なく、きちんと現場で覚えれる人は少ないと思います。世の中がその技術を求めていないのだと思います。
 報道や、番組で「いい職人が減っている。昔の職人はああだった。こうだった。」と言っているのを見かけると、じゃあテメエの家を昔ながらの工法で建てて少しは若い人達に覚える機会を作れよなんて思います。誰のせいでもないんですけどね
 それにしても「若者が~ 若者が~」っと若い人が全てダメみたいな言い方が多い気がします。自分が知っている若い職人達はすごく努力をしています。だからそんな全てダメみたいに言わなくてもいいじゃんか
 俺はどうだか知らんけどね

 そういえば「玉杢」で拍手に一票入れてくれたのはもしや・・・?
スポンサーサイト



<< 亀の日光浴 | ホーム | そういえば >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP